もえ&らむ の夢ライフ
我が家のなくてはならない家族… 愛犬、萌とラムの何気ない出来事と、のこたん☆の何気ない独り言を 書いています・・・。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



とても悲しい事があった。
一昨日、ご近所のとても優しいおばさんが亡くなった。
その方は、私たち家族に萌を会わせてくれた方と言っても過言ではないと思う。

毎日、どんな悪天候でもワンコの散歩は必ずする方で、
会うと必ず声をかけてくれる・・・。とても優しい方だった。
その方のワンコは、とても人なつこく、大人しく、人の愛情を感じ取れる・・・そんなワンコ。
100%の愛情をあげると100%の愛情を返してくれる。そんな優しいワンコ。
そんなワンコをずっと見て、私もワンコを飼いたいと思った。

おばさんは、私たち家族が萌を飼った事を知り、「可愛い」と一生懸命萌に声をかけてくれた。
そして、ラムを飼った時も、「ラムちゃん、ラムちゃん」と声をかけてくれた。吠え吠えの萌とラムだけど、そんな事関係なく、優しく接してくれた・・・。

そんなおばさんが、急に散歩をしなくなってしまった。
家族の方が散歩をしていた。
すごく、心配で仕方なかった。毎日欠かせる事なくしていた散歩なのに・・・。イヤな予感が走った。

そして・・・昨日、おばさんの家の前に、お葬式のお花が飾られていた。
いても経ってもいられなかった。新聞のおくやみの欄を見たら・・・
名前が載っていた。信じられなくて、信じられなくて、涙が止まらない。
私は、知り合いの方に頼んで、一緒にそのおばさんの家に行った。
どうしても、会いたかった。もう一度、会いたかった。

おばさんの家族の方とは、知り合いだったので、すぐに家の中に入れてもらって、おばさんの眠っている部屋に案内してもらった。
顔にかぶせてあった白い布を取ってもらうと、そこには、今にも起きてきそうなおばさんがいる。けど・・・目を開けない。微笑んでくれない。涙が止まらなかった。



外には、ワンコがいる。
淋しそうなワンコ。  久しぶりに近くで見た。
そしたら、ワンコが鳴いた。今まで吠えたのを見た事なかった。
私は、座って、ワンコに少しずつ近づいた。ワンコの名前は「夢」

「夢・・・どうしたの?忘れちゃった?」そっと手を差し伸べたら
鳴きやんで、静かになった。顔を手をやると目を閉じる。
じっとして、私の手の中で身を任せてくれた。
「悲しいね。さみしいね。。。」心の中でつぶやいた。







今日は、おばさんのお通夜・・・。
朝から、私はおばさんがいつも誉めてくれた花壇の手入れをしていた。

次男君が、家の裏の掃除をしていたら、ミミズが出てきたので、「亀にあげたら~?」と言った。パパがそのミミズを亀にやろうとして
「かめ~~~ミミズだよぉ~~」
「かめ~~~~かめ~~~~」と言っている声が響いた。
そして、突然パパが「ママ!亀が死んでる!!」と言った。

カメは、いつもの岩の上で日向ぼっこをしている姿で息を引き取っていた。
まるで眠っているみたい・・・。
ショックだった・・・。
この間、カメに手でエサをあげたら、パクリと食べていたのに・・・。
パパがザリガニをあげた時も喜んで食べてたのに・・・。
昨日は、カメのために、水をロカしてくれる下に敷き詰める小石を買ってきたばかりだった。エサだって、まだいっぱい残っているのに・・・。何で?何でこんなに急に?




カメも、おばさんと一緒に逝ってしまった・・・・。
12年、飼っていた。

カメは死なないと、何となく思っていた。拾って来た時は、すぐに死んじゃうかな?なんて思っていたのに、ここまで育ってくれたカメをみているうちに、死なないんだ!ってすっかり信じていた。

今の家に来て、間もなく母が公園で拾ってきたカメ。
ここに来て、おばさんと知り合った。
12年・・・・付き合ってきたのだった。


出会いがあれば別れもある・・・。
けど・・・別れるのは辛い。

忘れないようにしよう。。。絶対に、忘れないように・・・。

元気だったカメ

a442.jpg



a441.jpg







昨日から 体調を壊してしまってバテてます
夜遅く緊急で掛かり付けのに連れて行ってもらいました
結果は細菌性大腸炎かノロウィルスかも…との事でした汗) 生牡蠣を食べてしまった私…けどパパも食べたのに…

あんなに好きだった牡蠣ですが もう当分見たくないと思ってしまいました。
まだ腹痛が波のように襲ってきます
熱も下がらずかなり辛いです そんな訳でせっかく皆さんからコメントをいただきいているのに返事も書けなくてごめんなさい ちなみに携帯から送信します
使った事がないのでうまく書き込めるか分からないのですが
復帰したら返事と皆さんの所にお邪魔します

ではでは 皆さんも生牡蠣には注意して下さい




Pearl Box
Template designed by haruko-mai
Copyright (c) 2006 haruko-mai All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。